当店で扱う商品のほとんどが
手仕事ものです。

手仕事ならではの個性、
使うことで生まれる質感を
お楽しみください。
 

● お伝えしたいこと 

当店で取り扱っている商品は、作り手と当店、2重チェックの検品を行った上で、
お届けさせていただいております。

貫入、釉薬のムラやピンホール、形の歪みなどは、それぞれの個性として捉えてご紹介しております。

個体差についての詳細は、できる限りそれぞれの商品ページにてお伝えするよう心がけておりますので、
ご参考にしていただけると幸いです。

不揃いな形や色の雰囲気もまた、手仕事ならではの魅力となります。

このようなコンセプトにて販売しているため、ご了承の上、ご購入をご検討くださいますよう
お願いいたします。



● 初めてお使いになる前に 

釉薬が掛かっていない器の底や、高台がザラザラしているようであれば、目の細かいサンドペーパーで
丁寧に磨いて器のざらつきを取ってください。

そのまま使用すると、他の食器やテーブルを傷つけてしまうことがあります。


【陶器】
陶器には土の粒子と粒子にすき間があり、そこに料理の汁が入り込むとシミや匂いの原因になります。

「目止め」という作業を行うことで、それらを和らげることができます。

まずは鍋に器がかぶるくらいの米のとぎ汁を入れ、そこに器を浸して30分ほど弱火で煮沸し、
そのまま冷まします。
その後ていねいに洗ってしっかり乾燥させてください。

こうすることによって、粘りのあるとぎ汁が土の粒子と粒子のすき間を埋めてくれるので、
陶器によごれや匂いがつきにくくなります。

煮ることはせず、米のとぎ汁に漬けて置くだけでも効果があります。

粉引については特にシミになりやすい為、米のとぎ汁での煮沸をおすすめします。

陶器であっても、作家さんによって、この「目止め」が必要ありません。
詳しくは各商品ページをご参考ください。


【磁器】
陶器に比べると、比較的お手入れしやすいのが、磁器の特徴です。
使い始めの「目止め」は必要ございません。

初めてお使いになるときは、熱めのお湯で洗い流し、柔らかいスポンジなどで軽くこすって、
乾かしてからお使いください。


【木工】
木の表面がかさついている場合は、目の細かいサンドペーパーで丁寧に磨き、
食用のオリーブオイルかクルミを布で包み潰して出たオイルをぬります。

彫り仕上げのものは、サンドペーパーをかけないでください。


【ガラス】
初めてお使いになるときは、中性洗剤と柔らかいスポンジなどで洗い、
乾かしてからお使いください。



● 盛り付ける前に 

【陶器】
使う前に水またはぬるま湯に浸して水分を充分に含ませ、軽く拭いてから、料理を盛り付けてください。
こうする事によって、陶器の保湿性を高める効果もあり、またシミや匂いをある程度防ぐことができます。


【木工】
濡れた布巾で表面を拭いておくと、食材の色素や油分が染み込むのを防ぐ効果があります。


【ガラス】
曇りがみられ見られる場合は、一度洗ってからお使いください。


● 
電子レンジ 


【陶器・磁器】
一部を除き、使用は可能です。各商品ページをご確認ください。
ただし、過度な温めを繰り返すことは負担がかかりますので避けてください。


【木工】
油分がなくなるため、使用はお避けください。
 

【ガラス】
使用はお避け下さい。



● 
食洗器 

【陶器】
質感が変わる可能性があります。また器同士がぶつかると欠けや性質がありますので、基本的には、使用はおすすめしておりません。


【磁器】
使用は可能ですが、長く大切にお使いいただくためには、なるべく手洗いをおすすめします。


【木工】
油分がなくなるため、使用はお避けください。


【ガラス】
割れてしまう可能性がございますので、使用はお避け下さい。


● 
しまうとき 


器のご使用後は、なるべく早く洗ってしっかり乾燥させてください。
乾燥が不十分ですと、カビや匂いの原因となります。

重ねて収納するときは、同じ材質や形のものを重ねるとキズがつきにくくなります。
キッチンペーパーや和紙などを挟むと、傷を防ぎ、水分を吸収してくれます。