吉村喜代美 / 十二月窯



可愛らしさの中に、大人っぽい雰囲気のあるうつわ



大阪芸術大学卒業後、京都府立陶工高等技術専門校で学ばれ、
石川県九谷焼の窯元・九谷青窯を経て、独立。
現在、大阪府三島郡島本町にて、作陶されていらっしゃる
吉村喜代美さん。

石川県九谷焼の磁器土でつくられたうつわは、丈夫で、匂いの染み込みもなく、
日常のうつわとして大変使いやすいものとなっています。
長い歴史の中で、私たちの日常で愛用され続けられている理由でしょう。

そんな九谷焼の磁器土を使い、作陶された吉村さんのうつわたち。
抜群の使いやすさはもちろんのこと、
九谷ならではの伝統ある雰囲気を残しつつ、吉村さんの世界を
可愛らしい絵付けで、上品に表現されています。

青白い磁器の素地の上に描かれた絵付けは、九谷の呉須を用い、
手書きと印判技法で描かれています。
モチーフは、カモメやちょうちょ、馬やふくろう、リンゴや家といった
キュートなものばかり!
なのに、甘すぎない雰囲気なのは、絵付けの色味を抑えることで、
可愛らしさの中に大人っぽい雰囲気をもたせているからとのこと。
なるほど、納得です!

統一感のある絵柄は、不思議と他の食器とも馴染みます。
そのあたりは、北欧食器の雰囲気に通ずるものがありますね。

馴染みのある呉須の絵付けは、なんだか私たち使い手にとって懐かしくもあり。
「日常食器でありながら記憶に残るものを、
使う人の思い出とともにあるようなうつわと作りたい」とおっしゃる吉村さん。

みなさんの食卓で、長く愛されること間違いなしのうつわです。



12商品 1-12表示
12商品 1-12表示