神澤麻紀

神澤麻紀ガラスのうつわ

日常の生活に溶け込むガラスのうつわ



現在、東京のガラス工房にて制作されている神澤麻紀さん。
「日常に溶け込むガラス」をコンセプトに、日々制作されていらっしゃいます。

もともと油絵を専攻されていた神澤さんにとって
絵を描くことは、思い出を刻むような、心を表現するような
大切な行動のひとつとのこと。

吹きガラスの表面にリューターを用い描いた自然のモチーフ、
制作の中で生まれる唯一無二のヒビ模様や、気泡を眺めていると、
身近なモチーフだからこそ、使い手の私たちにもそれぞれに通ずる思い出があり、
ついつい共感し、惹き込まれてしまう魅力を感じます。

作品が自分だけの秘密の宝物になるような存在になればいいなとおっしゃる神澤さん。

私たちそれぞれの「日常に溶け込むガラス」を是非お楽しみください。



9商品 1-9表示
9商品 1-9表示